名古屋・水泳教室・スポーツクラブ・お知らせメイン部・画像
 

中日新聞 8/23朝刊より AED使用で救命率2倍に!

2011年08月24日

↓ 中日新聞 8/23 朝刊

aedsmall.JPG

・・・・・・・・ 以下 中日新聞ホームページより転載  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サッカーの元日本代表松田直樹選手が34歳の若さで亡くなり、注目された急性心筋梗塞。松田選手が倒れた日の10日ほど前、名古屋市内の路上で同 じ病気を発症した男性が、通行人らによる自動体外式除細動器(AED)と心肺蘇生で救命された。男性が助かった状況を取材し、日ごろの備えや予防を専門家 に聞いた。 (境田未緒)

7月22日午後3時40分ごろ、名古屋市熱田区の市道を自転車で走っていた佐々木文枝さん(49)は、道路脇であおむけに倒れている加藤一馬さん(45)を見つけた。口から泡を吹き、顔は紫色。肩をたたき「大丈夫ですか」と声を掛けても反応はなかった。

携帯電話で119番をしながら、佐々木さんは通りかかった女性を呼び止め、「あそこからAEDを持ってきてください」と、目の前のスポーツ施設を指さした。センターの表ガラスに、AEDの表示があるのを覚えていたからだった。

事態を聞き、センターの健康運動指導士、山元さん(46)と鳥居さん(42)がAEDを持って現場に駆け付けた。3人はAEDで除細動した後、心臓マッサージと人工呼吸を継続。救急隊が到着した時、意識はないものの脈と呼吸は回復していた。

同市南区の社会保険中京病院に運ばれた加藤さんは、心臓の筋肉に酸素や栄養を与える冠動脈の1本が詰まった急性心筋梗塞で心室細動を発症していたと判明。カテーテル治療や低体温療法などを受けて3週間後、無事に退院した。

加藤さんは倒れる前、会社で「顔色が悪い」と言われ、寒けがするなど「体調が悪い」とは感じたが、心臓がおかしいとの自覚はなかった。退院の日、佐々木さんら3人と再会した加藤さんは「皆さんに助けていただき、本当に運が良かった」と感謝した。

中京病院救急科の酒井智彦医師は「AEDが普及してきたといっても、一般市民による除細動や心肺蘇生で、患者が社会復帰できる例はまだ少ない」と3人の行動を評価。救急隊も「適切な処置だった」と称賛している。

加藤さんに気づいた佐々木さんは毎年、プールでアルバイトをしており、今年も救命講習を受けたばかり。日ごろAEDがある場所も気に掛けていた。山元さん、鳥居さんも、救命訓練を積んでいたのが幸いした。

京都大や消防庁などの研究グループが、2005〜07年に病院外で心停止が起きた事例を調べたところ、除細動が必要な心停止で市民がAEDを使った場合、1カ月以内に社会復帰できた人の割合は31.6%。全体と比べると、救命率は2倍以上に上った。

酒井医師は「AEDがあれば必ず助かる、とはいえないが、あった方がいいし、使った方がいい」と指摘。心肺蘇生法の講習を受けた人は、いざというときの実施率も高く、AEDの普及と講習会の広がりが救命率アップにつながりそうだ。

◆不調ない場合も生活習慣の改善を

名城病院循環器センター長の岩間芳生医師によると、急性心筋梗塞は、冠動脈内にできる脂質(酸化した悪玉コレステロールなど)の塊「プラーク」が破れ、血栓ができて発症する。

冠動脈が詰まると、心筋が酸欠になって壊死(えし)するほか、心室が小刻みに震え全身に血液を送れなくなる心室細動が起きやすくなる。

胸痛などの前兆がない場合も多く、プラークの破れやすさは人それぞれ。冠動脈の狭窄(きょうさく)が軽度でも、いきなり破れることがある。血管が 収縮しやすい冬場の発症が多いが、夏も脱水症状で血液がドロドロになり、血管が詰まりやすくなるので注意が必要だ。松田選手のような30代は少ないが、近 年は食事の欧米化のせいか、若年化が進んでいるという。

血管内にプラークができる動脈硬化の要因は、脂質異常症(高脂血症)や糖尿病、高血圧、喫煙、ストレスなどが挙げられる。岩間医師は「これらの危 険因子がある人は、症状がなくても注意が必要。肥満などを改善していくことも大切」と指摘。繊維が豊富な野菜を多く食べ、肉より魚を増やすなどの食生活改 善や適度な運動をアドバイスする。

冠動脈の異常を調べるには、心電図や、立体的に映し出されるマルチスライスコンピューター断層撮影(CT)による冠動脈造影などがある。

(2011年8月23日)

↓ 中日新聞・東京新聞のウェブサイトでもご覧いただけます。
中日新聞 CHUNICHI Web

東京新聞 TOKYO Web

参考資料: ぜひご覧ください!
↓ 救急マニュアル 「倒れている人をみたら」

東京消防庁 ホームページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月26日 名古屋市熱田消防署長より感謝状を授与致しました。

dscf9932.JPG

itori.JPG

 

名古屋・水泳教室・スポーツクラブ・お知らせの過去のお知らせ

2018年 ( 18 )

 

2017年 ( 15 )

 

2016年 ( 15 )

 

2015年 ( 7 )

 

2014年 ( 9 )

 

2013年 ( 4 )

 

2012年 ( 2 )

 

2011年 ( 1 )

 

Follw Me
On Twitter

1970年01月01日 00:00 のツイート

 

名古屋・水泳教室・スポーツクラブ・お知らせの受講カレンダー

 2018年06月 

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

休館日

2月、5月、8月、11月は
継続申込月です。

管理用

ログイン